私は人生を生きていく上で、絶対にしないこと、しないようにしていることがいくつかある。

例えば「鳥居はくぐらない」。基本的には宗教施設には近寄らないようにしている。それは私が逆の意味で信心深く、どこの宗教のどの宗派に対しても畏敬の念を抱いているからだ。私は現在どこの宗教も信じてはいない。しかしだからといってそういう施設を軽んじることはできない。故に観光で教会に入るとか、友人の結婚式でチャペルに入るとか、誰かの葬式でお寺に入るなど、ごく少数の例外を除いて宗教施設には立ち入らない。その端的な例が神社の鳥居をくぐらないということだ。

例えば「署名はしない」。アンケートや署名の類は基本的には受けないようにしている。もちろんこれも例外があって、付き合いの中で仕方なしに書かなくてはいけない場合は署名にも付き合うし、極軽い内容のアンケートなら時間つぶしに答えることもあるが、基本的には名前は書かない。

そして「募金はしない」。もちろんこれも例外として、極少額の募金はするが、基本的にはしないことにしている。実名を挙げると怒られるかもしれないが(よく知りもしないのに)例えば赤十字に募金をした場合、そのお金は全額相手に届くのだろうか?もし赤十字団体を維持するために、もしくはそこで働く人のために、口座開設の手数料などに、例え1円でもそういうお金がでるのであれば、私は断固そういう募金は断る。

寄付することが気持ちよくて、そうすることで自分の心が慰められるというのなら、いくらでもすればいいが、私はそういう考えで募金をするのには反対だ。私は自分が助けたいと思っている人に直接、寄付の全効果が現れないと嫌だ。

ニューヨークへ何かしたい気持ちはあるが、もし私がするとすれば、実際にニューヨークへ行って何か手伝うか、現地に行って直接お金をあげるか、どちらにしても、自分の目で確かめられることをしようと思う。

ただし、だからといってどんな考えでも募金している人を非難しはしないし、何もしない私を非難されたら、それを甘んじて受けるしかないと思っている。

広告