会社の悪口を30行くらい書きたいのだが、ぐっと我慢(笑)。これから3ヶ月くらいの間に色々起こりそうな噂を耳にする。私の場合会社にロイヤルティはない。私があるのは「編集」という業種に対するこだわりだ。
だから、会社がどうなろうと、どういう体制になろうと、私自身やることにブレはない。どこにいても、誰といても、私は私だ。
さて、もう1月が終わる。ピアノを初めて1ヶ月になった。バーナムのピアノ教本の3巻目の最後で随分つまずいたが、一応終えることが出来た。3月までに6巻まで終わるかと思ったが、少なくとも4月まではかかりそうだ。
4巻からは曲が飛躍的に難しい。多分今まで以上に時間がかかるだろう。ハノンの代わりに買ったプレディーという教則本にはプロになるなら最低でも1日4時間は練習をし、アマチュアでも最低1時間は練習しなさいと書いてあった。
確かにピアノを自由に操るにはそれくらいの時間が必要なのかも知れないし、今の私ならそれくらい練習するのは割と可能だ。では、問題は大人になってからピアノを始めた私がいったいどの程度まで上手になるのだろう?
ピアニストは寿命が長いし、指揮者と一緒で死ぬまで上達するものかも知れない。私の本職であるトロンボーンはほぼ70歳になればプロとしてやっていくのはしんどい。ジャズの世界ではいるが、クラシックの世界では70歳のトロンボニスト、いや金管奏者は皆無だろう。
38歳からピアノを始めてプロになることは可能だろうか?
まぁ、なりたいわけではないが、そんなことを考えた。
そういえば、バイオリズムが下がっている話しを書いたが、今日腕時計のピンがはずれて止まらなくなってしまった。歩いている時にはずれたら時計ごと飛ばしていたところだったが、不思議と地下鉄で座っている時に私の膝の上ではずれた。
私はこういう時に「身代わりになってくれた」と思う。もし時計が壊れなければ、私は怪我をしたかも知れないし、もっと酷い目にあったかも知れない。
幸い、時計本体には影響がないので、新しいピンを買ってくれば使えるようになる。明日から2月。運気も上向くだろう。

広告