先週会った、前の会社の時にお世話になったデザイン会社の社長と息子さん(営業担当)に来てもらい、正式に仕事を依頼することになった。以前のように下請けではないので、私としては思いっきり思いを伝えることも出来る。
まぁ、しばらくは距離感が難しいとは思うが、私のこの10年の成長とその会社の成長どちらが伸びたか、私自身楽しみでもある。
さて、午後は社内研修で、先日私が励ます会を開催した、うちの会社のもっとも古くから働いている社員による「歴史を知る」講座が行われた。
大先輩3人はそれぞれに緊張もしていたようだが、それでもやはり市民運動家の底力を見せてもらったような気がした。
やはり、歴史の証人の発言はいちいち重みがある。そして適当にアドリブでやっているように見えて、きちんと内容の整理を行い、なおかつ台本を読むのではなく自分の言葉で話すのだから、その迫力は凄いものがあった。
私自身初めて聴く話もあり、凄く勉強になったし、多分今日得た物は明日からの仕事に絶対に生きて来る。
私は「歴史に学ばない者は愚か」だと常に言って来たが、温故知新。なんとなくいい仕事ができそうな気がしている。

広告