「家族3人で出かけたい」と珍しく、うちの子が友達からの誘いを断って、ねだって来た。彼は賢いので大抵何らかの企みがあるのだが、ここ数日の遊び疲れで、ヘトヘトなはずなのに、出かけることにした。
妻が、池袋に用があるので、とりあえず池袋に行き、子供の希望はボウリング、ダーツ、ビリヤード、バッティングセンター、そしてレゴを買うことだったので、とりあえずやれることをやることにした。
妻も子供も池袋は全く慣れていないので、地下を歩いている段階で「どこにいるか分からない」と言い出したが、これは池袋暦5年の人でもあの地下は迷う。私のように「池袋のプロだからね」と言い切れるようになるには相当年月がかかるのだ。
サンシャイン通りはもの凄い混雑で、原宿や池袋の様相を呈していたが、確かに以前と比べてこぎれいにはなっていた。とりあえず、ボウリング場へ行くと、ボウリングは1時間待ち。別のフロアに行き、ダーツとビリヤードの空いている方をと物色すると、ダーツは一杯で、ビリヤードが空いていた。
1時間、子供にあれやこれや教えながらのビリヤードはなかなか楽しかった。それをニコニコ見ている妻を見るのもよかった。私は大学にろくろく通わずに、ビリヤード場で遊びまくっていたのが無駄にならなかった(笑)。
上の階に戻りボウリング。私は全く調子が悪くて107という目も当てられないスコアだったが、それでも3人でのボウリングは楽しかった。二人が結託して、私のスコアが悪くなるように呪っていたが、こういうことが出来るのも3人だからだ。
ボウリングは1ゲームだけで、下の階に戻ると、ダーツはやはり一杯。諦めて、他所に行くことにした。なにしろ私は池袋のプロなので、ダーツの出来るとことの3つや4つは完全に頭に入っている。
と思ったら、意外に店が変わっていて、あると思ったところが、改装されてブックオフになっていたりして少し焦ったが、それでもなんとか2件目でダーツが出来た。
ビリヤードにしても、ボウリングにしても、ダーツにしてもやり慣れることが大切で、普段やっていれば出来ることが、しばらくぶりだと全く出来ない。1時間少し遊んで、帰る、道すがら何となく子供が疲れているような表情だったのだが、どれも勝てなかったのがちょっと不満だったらしい(笑)。
私はこういう勝負事では甘やかさないのだ(キッパリ)。
レゴを見に行って(買わなかったが)、妻と別れて子供二人で帰宅し、妻が作ったハンバーグを焼いて食べた。私がテレビを見ている間、彼はコロコロコミックを読んで過ごした。
来年は中学生だから、こんなことがあるかどうか分からないが、あるといいな。

広告