特定の人をイメージしていっている訳ではないが、オーケストラをやっていて、スズキメソードでヴァイオリンを習っている人が多いのに驚かされる。調べてみると(誤解しているかもしれないが)、スズキメソードは耳で音楽を覚えて、それで楽器を演奏するということをやっているそうで、はっきり言えば「楽譜が読めない」人ばっかりなのである(少なくとも私の知っている人は殆どそうだ)。
だから、スズキメソードの人達は、聞いた事のない曲が弾けない(少なくとも私の周りの人は殆どそうだ)。
逆に言えば凄いのは、知っている曲ならどんな曲でも、割とすらすら弾けちゃうのだが、残念なのはそれが大抵いい加減なのだ。
私は今回、暗譜で指揮をする事を宣言している訳だが、これは耳で覚えるのとは全然違う。CDを何回も聞いて、曲を覚えるというのは根本的に方法が違うのだ。
私はとにかく、スコアを読む。何回も何回も読む、まずは各パート毎に横に全曲読む。全パートだ。次に縦横編み物をするように読む。時にはCDを聞きながらも読むが、とにかく徹底的に何回も読んで、目に写真のように焼き付けるのだ。
これは岩城さんもそうやって覚えると言っていた。
私もそうやって覚える。指揮者の暗譜はスズキメソードと一緒にされては困るのだ。

広告