四月から囲碁と将棋の勉強を始めた。将棋は小学生の頃から指せたのだが、逆に勉強が進まない。
ゲームとしては囲碁に割く時間が圧倒的なのだが、囲碁と将棋の棋士を比べると、将棋指しの方が圧倒的に人間が面白い。
いやこれは多分ゲームの特性なのだろう。囲碁はバランス感覚が大切で、人間にもそういう意味での冷静さや我慢が求められる。
もちろん将棋も冷静さやバランス感覚が大切だと思うが、その一方。途轍もない狂気というか、逆に人間らしさが必要だという点で囲碁とは違うのだと思う。だから将棋指しは面白いのだ。

大山名人を破った中原誠というこれまた名人が、林葉直子と愛人関係にあり話題になったのは知っている人も多いだろう。

加藤一二三という名人は数々の奇行で知られるが、現在の将棋連盟会長の米長邦雄も負けた腹いせに旅館の二回の窓から放尿しようとしたりしている。

最近では佐藤伸哉六段にトドメを刺す。ズラの棋士というだけでも話題性十分だが、それだけにとどまらないのだ。

こうした人間的な愛すべき人たちが凌ぎを
削るのだから将棋が面白くない訳がないじゃないか。

広告