新しいシーズンに入って、心機一転練習をしている。人数が増えて合奏が充実しているのは良い事だが、理念の浸透は喫緊の課題だし、人間関係が希薄になっているのも気になる。
具体的にいえば、もう90人の団体で名前がわからない人が増えているのだ。これはいけない。
とにかく打てる手は打っていこうと思う。
さて、同様に悩んでいるのが読譜力向上だ。ラフマニノフなんてやったもんだから、アンダーソンは譜面が簡単過ぎて真面目に読もうとしないのだ。
そんなもん聞いていればよく分かる。
然し簡単な楽譜を真面目に読まないのだから、複雑な映画音楽には手も足も出ない。出ないからまた、読むのを諦める。
何でもいいからとにかく楽譜を読んで貰いたい。やはりこれには初見大会しかないというのが、結論だ。

広告