昨年末からこっそりやっていたプロジェクトを巻き取りたいとの申し出があった。担当役員と必死のそして最期の抵抗を試みたが、あっさり終了。
やりかけた事だから最後までやりたいなんて子供じみた事を言っているのではない。誰がやるかなんてどうでも良くて、どうなるかだけが大切なのだ。
然しこれは私でなくては、このプロジェクトメンバーでなくては出来ない事なのだ。どうしてこの事がわからないのだろうか。
「判断は僕がします」このセリフも過去に聞き飽きるほど聞いてきたが、そう言った人で今残っている人は一人もいない。
残念でならない。私自身の非力が情けない。もっと強かに賢くならねば。

広告