囲碁十訣というのがある。囲碁を打つに当たっての心得である。先ずは読んで欲しい。
一、不得貪勝(貪って勝とうとしてはいけない)
ニ、入界宜緩(敵の勢力圏では緩やかにすべし)
三、攻彼顧我(攻める時には自分を顧みよ)
四、棄子争先(石を捨てて先手を取れ)
五、捨小就大(小を捨て大を取れ)
六、逢危須棄(危険になれば捨てるべし)
七、慎勿軽速(足早になりすぎるのは慎め)
八、動須相応(敵の動きに応じるべし)
九、彼強自保(敵が強ければ自らを安全にすべし)
十、勢弧取和(孤立している時には穏やかにすべし)
これは実際の戦いやビジネスでも役に立つと思う。その要諦は先ずは守れということだ。しかしいつまでも守るのではなく、先手をとることは重要なのだ。
囲碁は
ルールは簡単。4つしかない。
●相手の石の四方を囲めば取れる。
●打てない場所がある。 ただし、相手の石が取れるときは打てる。
●コウは相手が取った後すぐに取り返せない。
●囲った地の多い方が勝ち。
しかし世の中単純なものが奥深いのだ。ビジネスでも楽団運営でも一緒なのだよ。

広告