羽生善治は本当に強い。そう思わせる王将戦であった。
羽生が少しでも負けると将棋のことを知らない人は「羽生もそろそろ年だね」などと分かったようなことを言うが、将棋を知る人間は、そんなことは思わないだろう。
二勝三敗なので、差し込まれた様に見えるかもしれないが、トッププロの戦いで楽勝はどちらかのミスによるもので、常に紙一重であるというのが私の理解だ。
そして羽生の様な一握りの天才を除いて、若手は常に第一人者の壁にこっぴどく跳ね返されて強くなるのだ。
中村太地六段は早晩タイトルを取れるだろう。そう思わせる王将戦であった。

広告