東京に来てから、私は学生時代を過ごしていないので、こんなに友人が出来ないと思っていたが、幸せなことに多くの友人に恵まれた。
東京に来てからの最も古い友人は最初に働いた映画館時代の友人で、あの頃は若かったせいもあり、学生時代のように多くの友人が出来た。
思い返せば、私は大学にあまり真面目に通わなかったので、大学時代の友人がほとんどいない。
わずか2年の映画館時代に4年の大学生活を凌駕する友人に恵まれた。
一人、大変に馬の合う友人がいて、彼がうちの次でバイトした東急文化村の友人達は、私の直接の友人ではないのだが、もう20年の付き合いになり、こうなると直接なのか関節なのかはどうでも良くて、私にとってはかけがえのない大切な友人グループだ。
年をとってくるとなかなかグループでは動けなくなってくる。特に男女バランスの良いグループというのは貴重だと思う。
結婚したり、転職したり、子供が生まれたり、この20年間色々あったが、ゆるゆると旧交を温めつつ、下らない話をして過ごす時間は最高の贅沢だ。
以前は、終電を逃し、朝までカラオケしたり、誰かのうちに押しかけたりしたが、流石に終電でそそくさと帰るようになったのもやはり年のせいだろうか?

広告