信頼関係とはどういう関係だろうか?人を信頼するということは?信頼と信用は違うのだろうか?そんなことを考えた。
仕事柄、安心と安全という単語にはよく触れるが、安心と安全は別の軸なので一括りにするのは間違っている。
よく引かれる例だが、飛行機と自転車では安全なのは飛行機。でも安心なのは自転車。安全は条件で、安心は気持ちの問題だ。
同様に信用は第三者によって保障されるもので、信頼は二者間の気持ちの問題と定義することは出来るだろうか?
何れにしても100%信用することはないが、信頼とは100%だろう。
ただね。人のことを信用してないくせに、人に信用して欲しいというのは虫の良い願いだろう。
信用して欲しいなら、その人を信用すべきだ。例え騙され、裏切られたとしても。私はそう思うし、そうしている。

広告