農薬の混入事件なんかが起きると、食の安全が叫ばれることになるのだが、最近は食品偽装とかそんなのばっかりで、マスコミも飽きて来たらしく、消費者の反応も鈍くなっているように感じる。
いい話も、悪い話も人間は馬鹿だから、必ず麻痺してしまう。
もっとも、麻痺して馬鹿にでもならないと、この世で生きるのは辛すぎる(笑)とも思うが。
「良いものを売ってさえいれば売れるのだ」というのが間違いであることは最近のマーケット学の基礎であるようだが、私が信用しているのは「人は欲しいもの買うのではない、買いたい人から買うのだ」というカルビーの松本会長の言葉だ。
うちの会社は食品の会社で「美味しい」というのは最低の条件であると私は思っている。美味しくて品質の良いものを「うちから買ってもらう」ためにはどうしたらよいか?
そのことを私は追求していこうと思っている。

広告