囲碁をやっていると手順とタイミングがすごく大切な事を思い知らされる。
手順というのは、例えばトランプで、ページワンとか、大貧民(大富豪)、またはコントラクトブリッジをやる時に先に強い札を切るか、先に弱いのから切るかを考えると思うが、それが手順だ。
囲碁は石に強弱がないので、置く順番ということになるが、手順を間違うと取るはずの石が取られることになる。
いや、「ことになる」というのは控えめすぎる、先程も書いたように、囲碁は石に強弱がないので、手順を間違うと確実に殺される。
しかし手順は論理なので考えれば分かるが、タイミングが厄介だ。
こんなことが今日あった。序盤に大石を仕留めたが、あと一手で取れて、どうやっても逃げられない場合、わざわざ取らずに放置しておく。
ところが終盤になって、石が込み入ってきて、周りの状況が変化したことを私が把握してなくて、私の石が死んで、相手の石が復活してしまったのだ。
何処かのタイミングでとっておかなくてはいけなかったのだと思うが、それが「いつ」なのかが分からない。
囲碁は本当に人生によく似ている。
タイミングがわかるようになるには実戦を重ねるしかなさそうだ。

広告