毎年書いているが、今年も四月になり電車の秩序が著しく乱れている。
ドアの前に陣取る人。大きなカバンを足元に置いて動かない人。一人だけみんなと逆方向を向いて立つ人。進行方向に向かって正対して、発車や停車のタイミングでよろける人。
電車での振る舞いについて、出かける時に親が教えないからこう言うことになるのだと思うが、観察してみると、若い新入社員や、新しい学生ばかりが酷いのではないようで、驚くべきことに老人も車内の無秩序に一役買っている。
それにしても、大声で関西弁で話す集団が毎年現れるのには辟易させられる。
まぁそんなこんなも春の風物詩で腹も立たなくなって来た。

広告