うちの会社の人はどうにも仕事を複雑に、難しく考える人が多いような気がする。
逆に言えば、私が仕事を舐めているのかもしれないが、枝葉どうでもよくて、大切なのはその本質なのだと思うが、確かに社員だけで250人もいる会社なので、なかなかその本質を隅々まで伝えていく事は難しい。
しかし、私はやはりそれでも「全員が社長になったつもりで考える」という事さえすれば、うちの会社はもっと効率的に動くと思うのだが、変なところ、セクショナリズムや官僚主義的な雰囲気が蔓延っているような気がする。これは親会社のせいだけではなく、うちの社員の性質のような気がしている。
どんなことでもそうだが、自分が新しい事を産み出すのでなければ、過去に誰かがやっている事なのだ、という事は、その人がとんでもない天才でない限り、考えれば分かるし、やろうと思えばやれる事ばかりなのだと思う。
案ずるより産むが易し、走りながら考えようと言うのはこういう場面で使うのではないだろうか?

広告