楽団のジプシー生活が始まった時に、昨年知り合った隣の小学校の音楽の先生にもご助力を頂いたのだが、その時に、小学生のジュニアオーケストラの指導をしてもらえないか?というオファーを受けた。
我々にとっては願ってもない申し出だ。二つ返事で快諾した。
ジュニアオーケストラと言っても、実態はウインドオーケストラでうちの
管打楽器の奏者と私で早速指導に行って来た。
私は指導方法を見学させてもらうつもりで行ったのだが、成り行きで、フルート、クラリネット、サックスを教えることになった。
小学生に音楽を教えたことがないので、かなり難儀した。大人の初心者なら、私も経験があるので、他の人よりもわかりやすく教える自信があるが、小学生ではそうは行かない。
最初はお行儀良く、目を輝かせて聞いていた子達も1時間を超えると焦点が定まらなくなって来た。
それでも小学生は忍耐強く最後まで頑張ってくれた。
人に教えることで、再び学ぶことが出来ると言ったのはネイティブアメリカンの至言だか、今日は本当に勉強になった。

広告