私はネットやコミュニケーションに関するものは大抵やっているが、LINEだけはやっていない。

先週ベネッセの顧客情報流出事件が賑わしたが、私から言わせれば何処かに名前を書いたら絶対に漏れる。それに皆さん個人情報がどうとか言うが、漏れて何か実害があるのだろうか?せいぜいメールや手紙が来るくらいなもので、大した話ではないだろう。世間はそんなにあなたに注目しているわけではないのだ。

そんなに個人情報にうるさい人たちが、どうして韓国企業の日本法人のLINEには大股広げて飛びつくのだろうか?私には不思議でならない。

個人情報は守られるもので、それが当たり前だと思っているならおめでたい話だ。

それにもうひとつ。私も以前はチャットなどにはまった時期もあるし、ポケベルだって80年代の終わりに持っていた人間だから、同時生のコミュニケーションが楽しいのはよく分かるが、人に自分の時間を取られるのはもううんざりなのだ。

だから最近は電話も嫌いで、本当に電報と手紙の時代になればいいのにと思っている。

例えばメールなら好きな時に読んで好きな時に返信すれば良いし、読んだ内容によっては返信しないことも出来る。

既読無視なんていう脅迫的なことには耐えられないし、私はお互い納得しつつも、気持ち良い距離感を持ってコミュニケーションしたいのだ。

電話だって、掛けた方が用事かあるのだから、着信を見て掛け直すということを私はほとんどしない。出たくない時は出ないし。

ズカズカと人の時間と空間に割り込んで来て、それを共有というのは私の感覚ではあり得ないのだ。

勿論LINEを否定しているのではない。私は嫌いだと言っているだけだ。誤解なきよう。

広告