私はサラ・パレツキーのファンクラブというか同人活動をしている。いや、語弊があるなぁ。活動に参加はしているが、私自身はあまりアクティブではなく、大好きなV.I.ウォーショースキーシリーズも新しい方の3冊位が積ん読になっていて、手が付いていない。

そんなこともあり、今日は反省の意味を込めて、主催者にメールを書いて、近況を報告してみた。

その中でも書いたのだが、私はとにかく字が汚くて、絵が下手くそだ。親父は油絵を描き、字も癖字ではあるものの達筆だった。どうしてそういうところは似てくれなかったのだろうか…。

とはいえ、書道は小学校の頃に習いに行っていたし、iPhoneのアプリにも書道のアプリを入れて、ヒマを見て書くようにしている。

考えてみたら、絵は下手だから描かない、という姿勢で、全く描こうともして来なかったが、ちょっとやってみようと言う気になって来た。

以前も書いたが、古くから「琴棋書画」と言って、高貴な人は音楽、囲碁、書道、絵画の4つを趣味にするというのが相場なのだ。私は何も高貴な人を気取りたい訳ではないが、この4つは人生の趣味としては最高のものだと思う。

iPhoneのアプリを探して少しずつ暇を見つけて書いてみよう。

広告