午前中、隣の小学校のジュニアオーケストラの指導に行くのが定例だが、指導と言うよりは、「音楽の楽しさ」をなんとか伝えよう、とみんなで言っている。

子供たちは素直で真面目なのだが、演奏を心から楽しんではいないようだ。勿論、楽しめるようになるにはそれなりに練習しなくてはいけないわけで、辛いことの先に楽しさがあるし、もっと言えばその辛いことだって、好きなことをやっているわけだから、大したことはないのだ。

ただ、思うのは、子供に理屈を解いても理解は難しい。先ずはやって見せて、やらせるの繰り返しが一番効果的だ。やったことの中で達成感を味わえると子供は抜群に伸びる。

大人は反対に、先に理屈を解かないと、分からないことは身体が動かないし、効率が悪い。

これは一番最初のトロンボーンの師匠に言われたことだが、いま大人と練習して、子供を教えて真実である事がよく分かった。

私自身、コンチェルトの指揮に手こずっていた時期があり、未だに完璧ではないが、以前とは違い、合奏が楽しくて仕方が無い。

この思いを一人でも多くの子供達に教えてあげたいな(大人にも)。

広告