日本の象徴天皇制は非常に良い制度だと思う。旗であったり、紋章であったり、歌であったり、宗教であったり、人であったり、人間が集まる時には集まる中心が必要になる。

スコットランドの独立は結局のところ経済的な理由なのかもしれないが、イギリス王室がシンボルの役割を果たしていないからなのではないだろうか?

軍師としては作戦を立てることが重要だし、それと同じくらい兵站奉行が大切なのだが、古来より兵站を軽視する抜け作は多い。今の企業で言えば、社員の福利厚生であり、オフィスの場所であったり、直接的に、ものを動かす物流網のことだ。

一方で、では大将の役割は何かと問われたら、その人にカリスマがあれば何もいらないのだが、カリスマは簡単に身につくものではない。元々持っている人は別として、長い期間帝王学を仕込み、周りに認めさせる必要がある。尤も、それでも身に付かない人はいるし、むしろそちらの方が多い。

大将に必要なのは、周りの雰囲気を明るくすることだけだと私は極論する。

以前、アメフトのヘッドコーチにバリー・スイッツァーという人がいた。凡庸な感じがあり、知的なタイプでもなく、エキセントリックでもない人だったが、アメリカで3人しかいない、カレッジとNFLでチャンピオンになったヘッドコーチの一人なのだ。

彼は作戦の名手でも、ギャンブラーでも勝負師という意味のハスラーでもなかったが、アメリカではこう呼ばれていた「グレートモチベーター」。

周りの雰囲気を盛り上げて、人々のーこの場合選手とコーチだがーモチベーションを上げることに長けていたのだ。

私は当時若かったので、優れた戦略もなく、ただタレントに恵まれただけの凡庸なヘッドコーチだと思っていたが、今にして思えば、前任者が史上初めてカレッジとNFLでチャンピオンになったジミー・ジョンソンという偉大なヘッドコーチで、その人に後任に着いて同じ結果を出したのだから恐ろしい偉業と言わねばならない。

そして、翻って、うちの会社にこうしたグレートモチベーターがいないのが危機的状況だし、うちのオケでもこの点には注意しないとな、と思った。

広告