事故の相手のご両親の都合の良い時間という事で、妻とお詫びに行ってきた。勿論我々は何も出来ないのだが、保険屋に任せて何とも思っていないと思われたくないので、人間として誠意があるところを見せてきた。

謝罪などと言っても、結局は謝る側の自己満足で、自分がスッキリしたいだけなのかもしれない。

然し、私も人の親になってよくわかるのは、私は今、子供に変わってやりたいと強く思っているが、恐らく先方のご両親も、怪我をされている息子さんの代わりになりたいだろうなと思うのだ。思うのが親の気持ちだろうなと思うのだ。

兎に角この件は、先ずは少しでも早く先方さんが退院して、後遺症を残さないことを願うのみだ、あとはくよくよせずに、しっかり誠意を尽くして行こう。

広告