今年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は私が軍師好きなこともあり大変に楽しめている。黒田如水の本も元々持っているくらいで、よく知っているつもりだったが、知らないこともあり、ドラマを見終わった後でウィキペディアを見たりする。

以前にも書いたが、私は編集を生業にしているので、情報のソースについては必ず確認する習性が付いていて、以前会社の後輩が「ウィキペディアに書いてありました」とドヤ顔した時は、呆れて物も言えなかった。

ウィキペディアなんてのは、ネットの掲示板なので、あそこに書いてあることが事実とは限らない。

ところが段々、ウィキペディアが権威みたいになって来ているし、若い子達はそれが当たり前だという風潮になって来ているだろう。

もし、これが本当なら恐ろしいが、何となく大河ドラマの脚本家がウィキペディアを見て書いているのではないかと疑っている。

筆力のある脚本家だと思うが、その事実確認がどうもウィキペディアをなぞっているような節が感じられるのだ。

そんなことがあってはならないと、私は思うのだが、もう古いのだろうか?

広告