近所にラーメン屋が出来た。

これは私だけの、然も一回しか行っていない人間の感想なので、その点は予め断っておく。

味噌ラーメンを売りにしているようなので、味噌ラーメンにコーン、バター、煮卵をトッピングした。

作っている途中は味噌の良い香りがして、一瞬期待した。

然し、出てきたラーメンは何処にでもあるような普通のラーメンだった。

不味くはない。

東京では、未だに味噌汁にラーメンを入れたようなふざけたラーメン屋が存在する。それから比べると、正に普通のラーメンなのだ。

普通で何が悪いんだ、と思う方がいるかもしれないが、そうではないのだ。近所に出来る食べ物屋は、それこそ社会資本なのだ。

こんなどうでもいい麺に、どうでもいいスープの特徴のないラーメン屋には、私は二度と行かない。

私の住んでいる地域はラーメンの名店のある地域で、そこに出店するからには、特徴を出していかないと生き残れない。

やる気あるのか?

いや、絶対にやる気がない。なんの研究もなく道楽で出した店に違いない。資金があれば続くかもしれないが、すぐに潰れるのが関の山だ。

アドバイスしてあげたくなる感じだが、そんな義理もない。そもそも自分で勉強する気のない人間は教えてもらっても身に付かないのだ。

ああ、腹がたつ。

広告