血圧と戦って一年になる。

随分と勉強したので1年前は分からなかったことが分かるようになってきた。

簡単に言えば、世間で言われている数字には根拠も意味もないと言うことだ。本質を考えず形にこだわる短絡的な結論に飛びついてはいけないのだ。

例えば血圧。上が120以下、下が80以下などと言うが、これは正に人による。勿論低い方がいいが、人によってその人の適切な数値があるから何が何でも標準値に入らないといけないということではなく、その人の正常値を知り、対処することが肝要なのだ。

食べ物のカロリーなんかも同様だ。1000キロカロリーのものを食べても太らない人、水を飲んでも息を吸っても(笑)太る人。

トンカツが800キロカロリーあるかなんてどうでもいいことで、それをその人がどう消化して、どう蓄積するかがポイントなのだ。

だからと言って何を食べてもいいということではない。人の身体は千差万別なので、自分の身体を知ると言うことが大切なのだ。何でもそうだけどね。

広告