私は根っからのボクシングファン、格闘技ファンというわけではないが、割と好きで、折に触れ見るようにはしている。メイウェザーvsパッキャオの世紀の戦いはなんとか見たいなぁと、金曜日に職場で話をしていて、その日の夜に妻に頼み込んで、2ヶ月間だけwowowに加入させてもらった。

朝早くから起きて、ワクワクしながら待っていたのだが、前座が長すぎて、たっぷり睡眠をとることになった。

  昼過ぎに始まった世紀の戦いは、私のようなにわかファンには凡戦で、すっきりはしなかったが、それでも高度な二人が戦うというのは、例えば将棋や囲碁やチェスのように、はっきり視覚化できないが、それを視覚化したような感じではあった。

できればノックアウトを見たかったが、トップの対決というのは、紙一重で勝敗が決まるものなのだな。

広告