今年が戦後70年なのはご存知だと思うが、ケーブルテレビでそんな特集をやっている。

今日は「日本の一番長い日」と『激動の昭和史 沖縄決戦」の戦争映画日本を見た。両作ともに初見であったが圧倒された。

特に前者は、一通りの事実は知っていたが、映像化されたもののインパクトは物凄い。

今の今まで命を懸けて戦っていたのに、急に「講和します」と言ってもそうは簡単に止まらないだろう。

孫子曰くの、戦争は始める時に終わり方を考えなければいけないの良い例であったろう。

阿南陸軍大臣の思いは、恐らく常人では計り知れないものがあったろう。

改めて、戦争は絶対にやってはいけない。戦争には良いも悪いもない。たとえ殺されても人を殺してはいけないのだ。

安倍総理はそこのところが分かっていない。

広告