うちの楽員に口を酸っぱくして言ってるのは、「音階練習しなさい」というのと、「メトロノームかけて練習しなさい」の二つだけだ。

音階練習をしない人は、新しい曲になったら一からの練習になる。そこを最短に縮めるには音階練習が最も効果的なのだ。

そして合奏するには、ひとにテンポを合わせなくてはならない。指揮棒にピタリと合わせるのは何も特殊技能ではない。メトロノーム練習をすれば短期間で出来るようになる。

音楽は反復練習が基礎になる。その基礎練習で手を抜いては、上達は覚束ない。

今日も全く適当なテンポで演奏する楽員が続出した。

今までは、演奏に合わせて指揮をしていたが、もうやらない。ずれたままやり続ける。合わせるのは私ではなく、奏者だ。

これが出来ないと、来年の振ってみましょう企画が潰れてしまう。

訓練なので楽しくはないかもしれないが、根気強くやるだけだ。

広告