お袋がしっかりエンディングノートを書いておいたおかげで、入院してからのお袋の処遇や葬儀で無用に話し合う必要がなかった。

死んでから読んだ、エンディングノートには、妹と旦那さんへの感謝がいっぱい書いてあり、それ自体は当然なのだが、私への言葉が少ないなと、少し意外な感じもした。

これは決して僻んでいるわけでも拗ねているわけでもなくて、仮に私がエンディングノートを書くときに、友人たちへ感謝を残すとして、その文章量や順番には気を使わないとな、と思ったのだ。

それにしてもみんなに一言ずつ書いても膨大な量になるから、今のうちにevernoteにメモを始めていこう。いつ死ぬか分からないし。

広告