この前囲碁を教えている人と話をした時に、私が『本とか読んでるんですけど、全然身につきません」と、話すと、「自分の棋力にあっていないからです。棋力にあった本を読めばいいですよ」とアドバイスをもらった。

確かに家にある大量の囲碁の本は殆どは難しい。

そこでわかる!勝てる!!手筋と攻め合いを買ってみた。

私はまだ頭の中で石を置いて5手先まで読むのが困難なので、この本くらいのレベルだとよくわかる。

ただ、悩んでいることがあって、簡単な本だとドンドン読んでしまえるのだが、頭に入った感じはしないのだ。大量に覚えて、大量に忘れる。

かと言って、一問じっくり読んでいては、全然進まない。

やっぱり碁盤を置いてやらないとダメなのだろうか?

会社の後輩に「物事のレベルを上げるには良い師とライバルが必要です。」と言っていた。

私にも本当にそれが必要だと思う。

広告