牛丼屋のワンオペ、深夜の一人勤務は問題が多いと思うが、楽団は司令塔が一人いれば動くと私は確信がある。

いま、私以外の人が運営しても出来るように、運営の見える化を行っている。

会社と同じでどんな組織でも、ファイルは無限に増え、会議も無限に増えていき。使われなくなったものを抱えで増殖し続けるのだ。

オーケストラも例外ではない。

常に断捨離をしないとずっと増え続ける。

見える化は省力化に直結する。見えているものを理解しやすくするにはシンプルにやるしかないからだ。分かる一部の人等だけで会議を開いて物事を決めるから、出来上がったものがわからなくなるのだ。

私は組織がアメーバのように自立して必要に応じて伸縮するように、何とかこの組織を持っていく。

広告