リュック・ベッソンのルーシーという下らない映画があり、スカーレット・ヨハンソンが主演だったので見たが、まぁ、ひどい出来だった。

事故で大量に麻薬を摂取してしまい脳の機能が100%使えるようになるという話なのだが、それだけの映画で、設定厨が喜びそうな下らない脚本で、ベッソンと映像とスカーレット・ヨハンソンだけが見どころの映画だった。

昨日バンジージャンプを跳んでから、どうも脳が活性化しているようで、やたらと頭が回る。

昨日も書いたが、脳みそはこういう危険なことをやってはいけないと歯止めをかけるが、そこに逆らったことにより、身を守るためにありとあらゆる知識をホルモン全開で探ったのではないだろうか?

であるとしたら、もっと危険に身を委ねれば頭の回転は常に良いのだろうか?

人間はつくづく刺激を求める生き物なのかもしれないな。

広告