最近読んだコラムに書いてあったのだが、私は元々肩書きが大嫌いで、特に肩書きが権力だと思っている人間には虫唾が走る。

肩書きはその人の本質を表さない。例えば会社社長は、取締役会で選ばれて、株主の承認を得ただけのことで、オーナー社長でもない限り永遠にその任を任されるわけではない。

その意味では課長も部長も、偉いから能力があるからその任に就いたのではなく、その任に就いたから相応しい権限を与えられているのだ。

肩書きは仮衣裳。マンションの管理組合理事長は降りたけど、私もそれなりに肩書きにまみれている。自分を見失わないように自戒しないとな。

広告