プロ野球でホームランをめぐり誤審があって、珍しく審判が謝罪したそうだ。

私は謝罪自体は良いと思うが、誤審について世間の人が誤解をしているような気がする。審判は絶対で、その判定は何があっても覆らない。これは野球に限らず、審判の権威を認めないとゲーム成り立たないから、社会契約における司法の役割と一緒だ。

その中で、間違った判定があってはならないが、人間だから絶対に間違う。ここが理解されていない。

ワザと誤審してはいけないが、一生懸命にやってと間違うのが人間だ。だからアメフトや相撲はビデオでリプレイするし、テニスはセンサーを導入している。

審判も技術だから、稚拙な技術、または今回のようにこうぞうをしらなかったり、思い込みで判定するのはダメだが、ダメと言ってもその人が審判ならそれに従うものだ。

正しいとか正しくないとかは、判定できる場合とそうでない場合があるのだ。

これは司法でも医療でも安全に関わることでもない。巨大な金がかかっているにせよゲームだ。誤審もゲームの一部と心得よ。

広告