録画しておいた、映画版の沈まぬ太陽を見た。

この大作をよくまとめたと思うが4時間近い長さは、筋を知っていても長い。

うまく構成されているし、役者陣も良くやっているが、山崎豊子の持つ重厚感は表現しきれない。

連載された原作同様、これは連続ドラマのフォーマットでなくてはいけないと感じたが、実際には予算が莫大になってしまうな。

山崎豊子も池井戸潤も分かりやすくするために、敵と味方を作っているが、実際にはそんな単純なものではないし、敵役だって苦悩するものだ。

映画はもっと単純化していて、そこが惜しかったな。

広告