すごく話題になっているがどうにも食指が動かない。半沢直樹も一回も見ていない。へそ曲がりだからかもしれないが、別にヘソを曲げるほど意識してもいない。

ところが、何故か家に「下町ロケット」があったので、手に取ってみた。物凄く軽くてあっという間に読了。

面白かったけど、どうも言うことはない。二箇所ほどスカッとする所はあったが、このプロットならもっと丁寧に書けば倍くらいの紙幅を費やした方がいいと思うのだ。

短く書くためなのか、キャラクターの書き込みも浅いし、せっかくのストーリーもあっさりしている。

ドラマもチャンスのあった初回だけ見たが、原作を上回るあっさりぶりに驚かされた。

最近の若い人は、ズッシリとした大作は苦手なのだろうか?

広告