私は印刷物を作る仕事を25年もやってるが、その中でチェックというのが非常な重みを持っている。

そのチェックの時にすごく大切な考え方がある。

「絶対に間違ってる」と思ってチェックするのだ。合っているだろうと思って、正しい結果であることを持って満足する姿勢でチェックしていると、絶対に間違いを見逃す。

合ってた!ああ良かった。それは良かったかもしれないが、人間は必ず間違う生物だ。100%間違うのだ。

私はその姿勢が習い性になっているのだが、例えば「安全点検」という単語を聞くと物凄く違和感を感じる。

原発、高速道路、公園の遊具、マンション。みんなみんな安全点検とか言っているが、そんなことで事故は防げない。

だいたい用語が良くない。「危険点検」とすべきだ。安全点検なんて意味がないのだ。

広告