私はアマオケの三要素を、楽員、練習場所、楽譜と定義していた。然しIMSLPというインターネット上の楽譜の図書館が出来てからというもの楽譜で悩ませられる事は少なくなった。

新三要件としては、楽員と練習場所、そこに演奏曲が入ってくるのだと思うが、私は楽員を増やしたいから阿る曲をやるというのには与したくない。

別にマニアな曲をやりたいわけではなくて、やはり無料とはいえお客さんを満足させる選曲をしたいのだ。実は私が頑固な事を言わなくても、やりたい曲と聴きたい曲は一致している事が多い。

だから、そういう曲をやれば、楽員も増えるし、お客さんも増える。それでハッピーじゃないか。と思うかもしれないが、そうなると他のアマオケとの差別化が出来なくなる。

それでなくても下手くそなオケなのだから、やはり、我々らしさというものが絶対的に必要だろう。

なので、演奏曲ではなく、独創的なプログラムとして、うちの楽団の三要素としたい。

さて、今日はいつもの小学校が使えず、堀切菖蒲園での練習になった。

新しい練習場所は雰囲気も変わり、音の響きも変わり、逆説的に「やっぱりホームはいいなあ」という再確認が出来ていい事もあるのだが、やっぱり会場手配の大変さを考えるとそうも言ってられない。

多くの都内のアマオケがジプシー生活で苦労しているのだから、いらぬ苦労はしないに越した事がないだろうな。

  
画像は夜に二次会で飲みに行った居酒屋兆治の看板を昼間撮影したもの。五郎丸サワー飲んで来た。

広告