どんなゲームにも、そのゲームを支配する「理」がある。ゲームの本質とでもいったらいいだろう。

例えば、ポーカーや麻雀に勝つには兎にも角にも「確率」だ。そこをベースに、流れとかメンバーの性格とか、カンとかそういうものでゲームは構成されている。大切なのは、ベースは確率だということだ。確率を無視すれば後は運だけになり、長期的に見て勝ちは望めないし、技術の上達もない。

囲碁や将棋にも「棋理」があるという。素人なりに将棋は分かる。プロの手を見ても感心できる。

然し囲碁は難しい。詳しく解説してもらえればプロの手の意味もわかるが、分からないことが殆どだ。

これは大変だ。

結局そうなると、人に習わないといけない。来年その辺真剣に考えないと、遅きに失してからでは時間を無駄にするだけだ。

広告