うちの楽員は本当にアンサンブルが好きだ。そんな暇があったらプログラムの練習をしてもらいたいのだが、そうは言っても趣味の活動なので、首根っこ抑えるわけにはいかない。

なので、楽団の側でアンサンブルの場を作ることにしている。例えば合宿で、例えば納涼会、忘年会。来年は室内楽の演奏会も開く。

みんな一体に演奏会となるとやらされ感満載になるが、遊びだとすごく張り切るし、楽しそうにやる。楽団の経営者としては何とか楽しく自発的に人様にお見せできるものを作っていかないといけない。

さて、二回目のアンサンブル付き忘年会。今年も楽しかった。私は初めてトロンボーンを吹いたのだが、自分の出番まで飲みに飲んだせいで、全く音が当たらないし、演奏もどうだったか全然覚えていない。

指揮者の沽券にかかわるとは思うが、そんなことどうでもいいのだ。

  
みんなが笑って音楽を楽しんでくれればそれでいいのだ。

私は自分の演奏を反省して、これからの楽団運営について頭を絞ろうと思う。

広告