今日はファーストヴァイオリンが2人。演奏会が終わったからではなく、元々少なかったのだが、これには理由がある。

コンサートマスターがいないので、自分が前に出るのが嫌で練習に来ないのだ。

練習に来ないから弾けない。弾けないから前に出て弾くのが嫌だという悪循環に陥っていることに気がつかないのだ。

楽団は私のためにあるのではない。自分の演奏家としての人生の、または趣味の時間の使い方で、全ては自分のためなのだ。

それが毎週指揮者にワーワー言われるので段々指揮者との対立思想が育ってしまう。

簡単な例で、私はメインの曲を選んでいないのに、練習がキツくなってくると、私に向かって曲が大変だと言ってくる。私ではなく選んだ評議員に言えよw

どうせやるなら楽しくやったほうがイイ。どうせやるなら一所懸命やったほうがイイ。

自分のためだから。

広告