午前中から小学生と一緒に練習。1月から3年生が練習に参加して、今までの4年生は先輩に、5年生はいよいよ最高学年になる。

今まで頼りなかった5年生の男の子が立派に後輩を指導していて、微笑ましかった。立場が人を作るのだな。

午後の練習は今日は30人を超えていつもの雰囲気に近かったが、それでもファーストヴァイオリンがたったの3人。先が思いやられる。

やられると思っていたら、腰が痛くなってきて、立っていられなくなってきた。座って指揮していたが、それも無理になり休憩時間床に転がって休んだ。

然し、結局復帰せず、ギックリ腰の指揮者は楽員に抱えられて階段を降り、妻と早退という羽目になった。こんなこと13年指揮してきて初めてのことだ。

情け無いなぁ。

広告