最近思うのだが、ヤフーのヘッドラインなんかでも、昨日のテレビ番組の内容をそのまま書いていたりする。

テレビ見ない人が多いから、成り立つのだと思うが、そんなの情報でもなんでもないと思う。

逆にテレビで、話題のYouTubeを紹介していたりする。ネットをやらない人にはいいのかもしれないが、どれもこれも私程度の人でも見たことのある映像が流れている。

マスコミには記者クラブという、アホな組織があって、それが故にどこの新聞も画一的な記事になり、社説とコラムだけが唯一の違いに成り下がったわけだ。

情報の出所が一緒なのだから、あとは記者の了見が問われるが、残念ながら記者には、社会の木鐸としてのプライドはない。

逆に独自取材をした文春が大きくクローズアップされているが、あれなんかは、実は当たり前のことをやっているだけで、マスコミの王道だと思う。

大切なのは、買う人間が、その文春を読みたいか?どうかなのだ。

結局は民度の問題だと思うのだ。他人の不幸を喜んでいるうちは人類は類人猿のままなんだろうな。

広告