赤い携帯会社から天下ってきた副社長が退任の時に「この会社に来て、天気がすごく気になるようになった」と言っていた。

私も普段から天気は気にするが、それはコンディションの確認であって、特別感情的なものではなかった。利害がないのだから。

然し、自転車通勤を企図している今、天気が気になって仕方がない。気温、風向き。そんなもので自転車通勤の快適さが大きく変わるし、雨の確率で選択しなければならない。

勿論、私は大人なので、危ない橋は渡らない。その一方で、万が一にも備えなくてはいけない。

でもね、大きく私が変わったのは、雨が嫌だな、とは思わなくなったこと。急に降ったらしょうがない。雨宿りでもすればいいさ。

広告