いよいよ雨も止み、今日が初自転車通勤。色々心配なこともあるが、やってみないとわからない。

会社までは約12km。道はほとんど頭に入っているが、自転車は道交法に縛られているので、スムースに行くかはわからない。

出発の準備の時にサドルバッグがつかないことが分かった。まぁ、リュックに入れるからいいか。

家を出て白山通りに入ったあたりで、もうお尻が痛く、太ももが痛く、肺が痛くなってきた。信号で止まるたびにゼーハーしている。

路駐している車がドアを開けないか気になるし、後ろに車や原付がいないかも気にしなくてはならない。

水道橋で二段階右折をして、飯田橋へ。ケイデンスセンサーが動いていないことに気がつき、iPhone6plusがかなりガタガタする。

市ヶ谷から曙橋あたりが疲労のピークで休みたくなってきた。新宿三丁目手前の登り坂で力尽きて、休憩。恐ろしいほど喉が渇き、暑いのでウインドブレーカーを脱いだ。

歌舞伎町を抜けて新宿へ。なるべく二段階右折しないように進んだら、初台から大分北寄りに山手通りに出た。どこで左に曲がろうか迷っているうちに住宅街の中で完全に迷ってしまった。

地図を見て軌道修正。電車でくればドアトゥードアで40分なのに、たっぷり1時間かかった。

そこからオペラシティビルには入りトイレで着替えようと思ったのだが、どこも大はノーバカンシーで、4箇所も探してしまった。

狭い個室で着替えると便器の蓋がないのでものを落とさないか心配だ。

オフィスについても30分くらいは汗も引かないし、頭もボーッとしていた。夏はどうなっちゃうんだろう。

勤務中。自転車が盗まれないかだけが心配だった。

帰りは完全に陽は落ちてなかったが、かなり暗くなっていた。ゆっくり帰ろうと、朝とは違うルートを選んだ。一通に出てしまい戻ったりしたが、まぁ、順調に帰ってこられた。

本当に疲れたが、本当に楽しかった。都心の道路は本当に走りにくかったが、エコな乗り物なのだから、政治家はもっと自転車を優遇する措置を取るべきだ。

兎に角事故らないようにな。

広告