まずは、お亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げると同時に、被災された方の1日も早い復興をこころより願う。

今日の文章は、現在被災されている人たちを批難するものでは絶対にない。明日への戒めとして、これから先の震災で一人でも被災者を減らしたいとの思いから、備忘録として、自分に向けた文章である。

極論すれば、国も政府も自治体も何もしてくれないし、そこを当てにして、自分で何の備えもしていないのは問題外だと思う。

東京都では、大規模災害後に政府が救援物資を届けられるように機能するまで、三日はかかると言っている。

その三日間は自力で乗り切ってください、と。

勿論家屋倒壊、土砂で流されるなどの場合は自力ではどうにも出来ない。然しそうでない場合に備えておく事を、もっと多くの人がしないと、少なくとも関東で大規模災害が、起きたらもっと悲惨な事になる。

自分の身は自分で守る。そこに救いの手があれば遠慮なく使わせてもらうが、他人を当てにしてはいけないのだ。、

広告