いよいよ来週室内楽の演奏会の本番だ。寸前にならないと練習しないのはいつものことだが、もっと早くからエンジンをかけていればもっと上達したろうにもったいない。

室内楽は原則として1人ひとパートだから、オケのように逃げたり隠れたりできない。また、指揮者を介さずに音楽を作るので、主体性が必要になる。

私は音楽監督として、楽団の上達、楽員の上達のために何が出来るかをいつも考えている。

自分がやりたい曲だけをチャラチャラやっていて上達するわけではないのだ。趣味のアマオケだから楽しみたいというのは正論だが、それは基礎練習を終えたひとのセリフだ。

基礎もなっていない人が、遊びでアンサンブルをやるのは音楽に対する冒涜だ。

私のこの考えは楽員に伝わっているのだろうか?

広告