先週来、西高島平に来る機会があり、今日は昼に2時間半ぽっかり空いてしまった。

板橋区成増には東京に来てから、10年暮らした思い出がいっぱいある。初めての一人暮らし。初めての東京。新しくできた友達。好きになった人たち。夜を徹して遊び、議論し、酒を飲み、恋をした。

駅から歩いて15分もかかり、今となっては頼まれても済むことはないが、そうしたことも良い思い出だ。高島平側から歩いて坂を登り、赤塚四丁目の我が家だったアパートから、成増駅まで歩いた。

10年間毎日歩いた道は所々、記憶のまま、所々変わり、私は歩きながら目眩がしそうな感覚に襲われた。

楽しかった思い出も、悲しかった思い出もあるが、何故か少しの寂しさと、そして謝罪したい人たちの顔が次々に浮かぶのだ。

成増から赤塚駅まで歩き、そこから高島平までぐるりと2時間。思い出の虫干しをしながらゆっくり歩いた。

成増に住み始めたのは今から26年も前。それを考えるだけで、凄く遠くに来たような気がする。

広告